前へ
次へ

離婚裁判は意外なほど難しい

とにかく時間がかかるのが離婚裁判であり、離婚事由を証明する証拠がしっかりと揃っていないこととか親権者の決定がなかなかできないということになりますと時間がかかりますし、場合によっては第一審で敗訴すらありえます。特に証拠が揃っていないということはあまり客観的ではないというようなことになれば、どうしてもその可能性が高くなります。逆に慰謝料の請求とかは裁判費用が余計にかかってしまうというようなこともあったりするので離婚裁判自体はかなり慎重になって決めなければならないことです。裁判官から和解案が提案されるということもあります。離婚裁判を始めたのは良いがどうも分が悪いというようなことがわかりきっている状態になってきたらそういう提案に乗るというのも一つの手です。あくまで問題解決の手段が裁判なだけであってそれ自体が目的というわけではないからです。こちらの条件の最低ラインを超えているのであれば乗るのはありでしょう。

Page Top