前へ
次へ

別居中の不貞行為が離婚裁判に影響するか

夫婦関係が良好に続いていれば同じ家に住み互いに協力するでしょう。もちろん仕事の関係などで別居することはあっても、定期的に自宅に戻っていれば別居とみなされません。一方夫婦で一緒に住むことができるが夫婦関係に問題があって別居をすることがあります。どちらかに問題があったり両方に問題があったりするのでしょうが、別居までに十分話し合ったものの一方が家を出て別のところに住むようになりました。この時点ではまだ離婚の話などはしていません。別居を長くしていると夫婦関係も覚め、互いに他の異性が気になり将来的に結婚したい相手が見つかることもあります。もし別居中に不貞行為があった時それを理由に離婚裁判をしたり慰謝料の請求ができるかです。不貞行為が離婚裁判における離婚理由になるのは別居前になければいけません。別居は夫婦関係の破綻を意味し、その間に異性と何があってもそれが直接の理由となりません。ただ別居期間があまりに短いと影響することもあります。

Page Top