前へ
次へ

低所得者の人が離婚裁判をする際は弁護士へ相談

離婚裁判を行う場合には、財産分与がされることになりますが、裁判で主張立証によって、一般的に認められるより少ない財産の分与にしかならないこともあります。また、慰謝料も同じように主張立証の仕方により、平均的な額より少なくなることも多々あるでしょう。裁判所がなんとかしてくれると思うかもしれませんが、公平中立的な立場が求められるので、一方の当事者に肩入れするということは基本的にありません。弁護士に相談すれば、的を射た主張立証をすることにより、多くの財産を残せたり、高額な慰謝料をもらえたりします。そうすると、離婚後の生活で困りにくくなりますよ。また、離婚裁判では、口頭弁論のため月一ペースで裁判所に行くことになるのが一般的です。口頭弁論は、基本的に平日となるので、自分で裁判対応をする場合には仕事を休むことになるでしょう。非正規労働者の場合は、仕事を休むと収入が減ってしまいます。弁護士に裁判対応をお願いすることができれば、仕事を休まなくて済むので収入を維持できますよ。

Page Top