前へ
次へ

離婚裁判における重要なこと

離婚裁判をする前に基本的に離婚調停の申し立てをするという必要性がありません。家事事件手続法という法律によって決まっていることです。離婚裁判をしようと思った時にはあらかじめ離婚調停を申し立てて調停をまずは行わなければならないということになります。そして、そしていざ離婚裁判になるという時には夫婦関係調整事件不成立調書という書面が必要になります。つまりは、話し合いをしましたが決まることができませんでしたので裁判にしますということです。裁判が認められるにはいくつかの要件のどれかに当てはまらなければならないということになっています。相手に不貞行為があったとか悪意の遺棄があつた、生死が3年間不明、婚姻の継続が極めて困難な重大な事由があるなどなどで要するに離婚裁判を申し立てる側に非がなく、相手に非がある場合になります。つまりは、自分勝手にどんなときでも離婚したいからといって自由にできるわけではないです。

Page Top