前へ
次へ

性格の不一致による離婚裁判は、認められるのか

性格の不一致による原因での離婚裁判は、基本的に認められません。自身にとって性格の不一致と思っていても、相手側がそう思っていない可能性もあるでしょう。ただし、性格の不一致によって、離婚裁判で認められるケースも存在します。それは、性格の不一致が原因で、長期の別居状況が続いている内容です。それと、同居生活が継続しがたい重大な理由が挙げられます。同居生活が継続しがたい重大な理由は、例えば、性格の不一致が原因で、夜の営みが全く無く、不満を抱えているケースなども挙げられます。ただし、年齢や子供の有無、仕事などが考慮される場合もあり、絶対的な話ではありません。離婚裁判において、性格の不一致は、相手側に非があると思い込んでしまう人もいるでしょう。離婚慰謝料の請求が求められる場合もありますが、ほとんどの多くが支払いを認められていません。離婚裁判を起こした方が、お互い納得を求めて慰謝料を支払うケースも多く、慰謝料は悪いイメージがあり、解決金として支払われる場合もあります。

Page Top